fc2ブログ

ロシア製兵器の部品は日本製

ロシア兵器 部品の多くが外国製 日本企業は2番目に多い 英調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220812/k10013766611000.html

『イギリスのシンクタンクは8日、ウクライナへの軍事侵攻でロシアが使用した兵器に、欧米や日本など外国の企業が製造する部品が数多く使われ、日本企業の部品は国や地域別で2番目に多かったとする調査結果を発表しました。
イギリスのシンクタンク、王立防衛安全保障研究所は8日、ロシアがウクライナへの軍事侵攻で使用した無人偵察機や巡航ミサイルなど、27種類の兵器や装備についての調査報告書を発表しました。
それによりますと、兵器や装備からは欧米や日本などで製造された、外国製の部品が450種類以上見つかったということです。
国や地域別では、アメリカに拠点を置く企業の部品が最も多く318個、次いで日本の企業が34個、台湾の企業が30個などとなっています。
このうち、ロシアの無人偵察機「オルラン10」には、日本の大手メーカーが製造するビデオカメラのほか、日本の別のメーカーのエンジンも搭載されていたということです。
さらに調査報告書は、ロシアは輸出規制の対象となっている外国製の部品の多くを、香港の企業などを窓口とする調達ルートを通じて入手していると指摘しています。
そのうえで、報告書は「ロシア軍は西側諸国の技術に依存している。適切な対処をすればロシアの軍事力を恒久的に弱体化させることができる」として、第三国などを経由して部品がロシアに渡ることを防ぐため、各国の協力が必要だと結論づけています。』


【独自】ロシア軍ドローン「Orlan-10」 “日本製”エンジン部分の解体動画 全編公開
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000264234.html

『ANNがウクライナ軍から独自入手したロシア軍の偵察ドローン「Orlan-10」の解体動画を全編公開。
※入手動画の一部、安全上の理由で加工しています。
ロシア軍の偵察ドローンのエンジン部分には日本製の模型飛行機用エンジンが軍事転用されていました。
改造ポイントは主に3つ。
1.エンジン下部にバネが増設↓機体への振動を軽減させる狙いがあるとみられます。
2.冷却板の設置↓長時間の飛行で熱を帯びるエンジンに風を通すことで冷却効果が期待した可能性があります。
3.チューブ・ケーブルの増設↓燃料供給用に加え、様々な状況下でも機体を安定させるための、エンジン制御用の動力確保が目的の可能性があります。
他には、4.本来はメーカーのロゴが入っている位置に「A10」・「1219」と個体番号らしき数字が手書きで書き込まれているのを確認できます。
5.本来はエンジンのモデル名が刻印されている場所が削り取られています。
ロシア軍の偵察ドローン「Orlan-10」に軍事転用されたものと同じ型のエンジンが実際に、模型飛行機に搭載されている様子を撮影しました。
比較すると、ロシア軍偵察ドローンのエンジンには相当な改造が加えられていることがわかりました。』

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinekuremono883

Author:hinekuremono883
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード